エネルギー損失を抑えた省エネ物件の高気密住宅とは

任意売却をする

自宅を任意売却することで有利に換金する

住宅ローンの返済が滞った場合には、競売などの手続きが必要になる前に任意売却をするという方法があります。 一般的には競売にかけられた物件の価格は通常の価格よりも安くなってしまうため、その前に任意売却を使ってできるだけ有利な価格で売却するのが得策です。任意売却の「任意」は、強制売却ではなく自分の意思での売却ということを意味しています。 任意売却を進める場合には、不動産業者や弁護士などの専門家に相談をしながら進めるのが良いでしょう。売却がうまく進まない場合には、抵当権による差し押さえが始まってしまうかもしれません。そういった状況を踏まえてアドバイスをしてくれる人の知恵を借りながら任意売却を進めることが大切です。

ローンの返済で困ったら任意売却も検討すべき

マイホームを購入したものの、残念ながら途中でローンの返済が厳しくなってしまうケースもあります。ローンを組み直して何とか返済を続けられればいいのですが、もしそのまま返済を滞らせてしまえば最終的にはマイホームを手放す事になるかもしれません。もしそこで競売にかけられ事になれば、買い叩かれてしまい最終的にローンがかなりの金額で残ってしまう可能性もあります。 そこでローンの返済で悩んでいるのであれば早めに任意売却も視野に入れて検討しておくことをお勧めします。任意売却をすれば競売にかけられる前に一般相場の金額で売却する事が可能です。そうすれば売却した後の負担も減らす事が出来るかもしれません。 また自分一人で任意売却の手続きをするのは難しいと思いますので、まずは任意売却について無料相談が出来る弁護士事務所に気軽に相談してみてはいかがでしょうか。